スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過

台風18号は本当酷かった。

自宅付近のビニールハウスは壊滅してたし、停電もした。

記憶の限りでは7時間も停電したのは今回が初めてではないだろうか?・・・


台風後の浜をチェック及び釣行へ・・・

豊橋サーフはサーファーだらけなのであえて避け、静岡サーフへ・・・

今回の台風は風台風だった為か浜の被害は感じられなかった。

開始すぐに漁船の船団の音がどこからか・・・

気付けばサーファー波待ちポイントの辺りまでシラス漁船が近付いて来ている。

網の上には鳥が群がり海に活気が沸いてきた!

頑張って角を投げ続けるがバイト?も2、3回あった程度。

同行のMさんは流石、何だかんだ言ってセイゴをゲットしボーズは経験ないのでは・・・


ポイント的には駐車スペースがあまりない為サーファーも少なかったが久々に気持ちよく釣りが出来た。

浜から上がるとサーファーに声を掛けられお話をしましたが、地元のサーファーで海岸のゴミを集めていたのでこちらからも質問をしてみると、古きよき時代の日本人を感じられた。

・サーファーとして通っている海が汚いのは辛いと・・・
  まぁ自分のゴミは持って帰るのは当たり前のことだ。
  だが、台風で漂着した流木、雑草等を箒で来るたび掃除するのだとか。
  やっぱり綺麗な浜ではあった。(豊橋エリアとは大違い)
・最低限のマナーは守ろう。
  釣人は朝が早く日が昇る前から糸を垂れている。
  日が昇ってからの開始となるサーフィンにとっては釣人は鬱陶しいだろう。
  だが、サーファーも海に出れば気が付かないうちに横に流され釣人は鬱陶しいと感じる。
  その人達はまず近付いては来ず、キャストに悩む事がなかった。
  キャストミスで当たれば人でも死んでしまうだろうし・・・
  皆の海だから気持ち良く利用しようとの事での配慮であった。
  これも土日の浜ではありえなかった。

偏見でサーファーのマナーが悪いと思っていたし、サーファーも平気で人目掛け錘を投げる行為をする釣人はマナーが悪いと思っているだろう。

確かにそうは思うが、互いにそんな事を感じながらやっているだけでは平行線のままだろう。

私は、サーファーに浜の状況等をちょくちょく確認している。

浜では普通でも波待ちになるとイラッとする時も確かにあったが、今日出会ったサーファーの魂を受け継ぐべくその気持ちを大切に自分だけ一人がやっても・・・なんてマイナスに取らず、自分だけでもという心構えで釣りをせねばと改めて思い、いい経験が出来た釣行となった。

今回も完全ボーズだったが気持ちが清々しく、サーファーの言葉で悔しさは全くなく本当気持ちよく釣りが出来た一日だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こん

Author:こん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。